[misc]日記の代わりに

わかっていてもどうしようもないことだってある。
生きとし生けるもの全てがその命にいつか終わりが来る。
だけれども、やはり取り残される方の感情としては
気持ちを抑えることはできない。
限りがあるからこそ大切にすべきなのだと心に刻んでも、
失うことへの切なさは変わることがない。

今の自分に何ができるのか...
私の人生を早回しにして全てのトピックを
伝えてあげられたらいいのだけれど、
長子より見せてあげられる人生が短いのは
末っ子の宿命と諦めるしかない。
かつて歌うことだけを求められた自分には、
何を与えられるのか歌のほかに思い浮かばない。
だけれども...今の自分に何ができるのか。

もう目に見えるところに来ている階段の終わりを、
どうにかゆっくりと長く楽しむ為に。
勝手に階段が進まないよう、
とりわけ本人に頑張ってもらうしかない。
そして、私達はこうやって心の準備をしていくんだ...

私には、終わりが見えたことだけでも苦しい。
随分先のことだとわかっていても。
油断していたらすぐ近くに来てしまうということも、
ところどころに罠があることも知っているから。
わかっているからただ泣くしかない。

前向きになるのはそれからでもいいはず...

 (2002/12/21)


shiromuku(e)DIARY version 1.03