January 07, 2005

世界史勉強中

 フランス語源なのにアメリカ式の謎を解くため、昨日の英語サイトArticles: A Zillion Troublesをweb翻訳にかけて読んでみた。...んが、玉砕。言葉作りの過程を書いてあるのだから、まともに翻訳されるはずがありません。仕方ないので訳文と原文を並列して読むことに。それによると、(私の解釈が正しければ)大きな数の表現はフランス人が1480年代に整理し、そして17世紀中頃にフランス人が破壊した。M.シュケという人が整理したミリオン(百万)システムだったものが、いつしかサウザンド(千)システムに変わってしまっていた。新しいシステムを若い国アメリカが採用したが、イギリスは古いシステムのままだった。更に混乱することに1948年フランスはミリオンシステムに戻した。近年になってインフレと国際貿易などにより混乱が表面化することになった。などなど。
 そこで私の仮説。確か、トルコは第一次世界大戦後にアタテュルクがリーダーシップをとるところからあらゆる改革が進んでいるはず。トルコ語がアラビア文字からラテン文字に改められたのもその頃。1948年までにトルコ語に取り込んでしまっていれば、サウザンドシステムの数え方であっても不思議ではない。ということで、またしても苦手な世界史のおさらいをするハメに。

第1次大戦

で、こんなサイトを見つけたのだけれど、頭が痛くなりそう。

投稿者 hussy : January 7, 2005 01:17 PM | 日記
コメント

His remarks rub many coworkers the wrong way.

I hate people who do things behind my back. He did it behind my back again.

Posted by: Ремонт холодильников lOpive : April 28, 2017 07:59 PM

She is always so formal. She never lets her hair down.
It's great! That's great!

Posted by: Ремонт Холодильников lOpive : May 12, 2017 10:41 PM

You can trust it, it’s firsthand information.

Posted by: Mossi N lOpive : June 17, 2017 09:52 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?