January 24, 2005

犠牲祭のお祝い

 土曜日は犠牲祭のお祝いということで、お誘いを受けたので六本木まで。時間通りに着いてしまったが、トルコ時間が健在であった。ま、遅刻も開始が遅いのも、いつものことだから慣れちゃったけどねえ~。よく知らないで誘いにのったけれど、トルコ系のみならず色んな国の人がムスリムであるという繋がりで集まっているよう。隣に座ったZさんは22歳で交換留学生なんだって。若! スカーフをかぶっていたし、子持ちの人が多い集まりだったので思わず既婚者かと思って「ご主人は?」なんて聞いてしまった(--; 思い込みはいかんね。ちなみに私のことは10歳若く見てもらえました。あー。いやー。ノーメイクだからですよ。しかし、知ってる人がいない外国人の集まりで、一人で待ってるのは結構辛い。社交的な性格でもないので、なかなか軽い話題もできないのが困りもの。なんか初対面ではずむ話題とか考えておくべきかしらねー。ただでさえ無料なのに、お土産にチャイとCDをもらって帰ってきた。なんて言ったらいいのかわからないけれど、エザンみたいな?お祈りのとき使うような?アラビア語のCDでしたが...。
 その次は教室のお祝いに寄ってみる。夜は民族ダンスチームが披露してくれるらしいんだけど、遅くなってしまうのでそれは見れなかった。食事会で隣に座った人はそのダンスチームの人なんだって。遠くもないから参加してみたいなと思ってたんだけれどなあ。最近はプチぎっくり腰になったりして体力もないから、両立は難しいかなぁ。
 今回、教室で食べさせてもらったストゥラッチが焦げ臭い。まぁ、失敗してることも時々あるけど、珍しいなーと思ったら、Ü先生が作ったんだって。初めて作ったのね! って感心してたら、2回目なんだって。これもびっくりだけど、大学時代に親と離れて暮らしてたときから、いまでも当番で自炊するとか。すごーい。偉い! でも焦げ臭いのは失敗だよ(笑)

投稿者 hussy : January 24, 2005 01:48 AM | 日記
コメント

I can’t give you a lift to the bank, it’s out of my way today.

My son is hard on shoes, they don’t last long with him. Life was pretty hard on Tom.

Posted by: Nat .lOpive : April 28, 2017 06:04 PM

I’m used to hard work. He’s used to heat.
Complaining.

Posted by: Ремонт Холодильников lOpive : May 12, 2017 09:43 PM

He was on his toes and produced a very good impression on them.

Posted by: Rrepair lOpive : May 29, 2017 09:49 AM

He is always on the go.

Posted by: Mossi N lOpive : June 17, 2017 09:03 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?